【長岡市】屋根塗装の重要性 塗り替えが必要な屋根とは?防水や遮熱・断熱の相談もお気軽に

【長岡市】屋根塗装の重要性 塗り替えが必要な屋根とは?防水や遮熱・断熱の相談もお気軽に

  • 2021.02.04
  • コラム

そもそも、なぜ屋根塗装を行う必要があるのか疑問に感じている方はいらっしゃいますか?そういった方に向けてこちらでは、屋根塗装の必要性について詳しくご紹介いたします。また、塗り替えが必要な屋根についてもご紹介しますので、長岡市で屋根塗装をお考えの方はぜひご確認ください。

屋根塗装の必要性

どのような場所の塗装でも、時間が経過するにつれて剥げてしまうのは想像できるでしょう。しかし、屋根塗装に関しては、塗装が剥がれて外観が悪くなる以上に大きなデメリットがあります。それが、雨漏りです。屋根塗装をしないまま放置していると、塗装が剥がれて直接木材に雨が染み込むようになってしまい、雨漏りを引き起こすのです。

屋根塗装は、塗料の種類にもよりますが、雨漏りの対策を目的として雨を弾く性能を備えていることが多く、外観を美しく保つ以外の様々な役割を担っています。それが失われてしまうと、非常に大きなデメリットになります。

屋根塗装の目安は、おおよそ10年です。10年を目安に専用のペンキでの塗装が必要になるので、意識しておくことが大切です。

長岡市のペイント・サイトウでは、屋根塗装を行っております。防水、遮熱・断熱仕様の塗料への塗り替えなどにも対応しておりますので、屋根塗装をお考えの方はぜひ長岡市のペイント・サイトウをご利用ください。

塗り替えが必要な屋根

塗り替えが必要な屋根の種類について確認していきましょう。

セメント瓦
セメント製の瓦を使った屋根です。防水する力が備わっていないという特徴があります。そのため、塗装をしてしっかりと保護をしてあげなくてはいけません。

モニエル瓦
セメント瓦の一種なのですが、表面のセメントを着色しているという特徴があります。その点以外はセメント瓦と同じなので、同様の理由で塗装をしなくてはいけません。

スレート屋根
現代の住宅に多いのが、スレート屋根です。薄いセメントでできている板を敷き詰めているという特徴があり、非常に施工しやすいので重宝されています。しかし、原料はセメントなので、塗装をして防水性能を付与する必要があります。

金属屋根
金属なので年月が経つとサビて劣化してしまいます。それを防ぐためには、塗装をしてしっかりと保護をしなくてはいけません。

多くの屋根にとって、塗装は必要です。塗装が必要でない屋根は粘土瓦くらいであり、ほとんどの住宅には使用されていません。屋根塗装は、どのような住宅でもほぼ必須であると考えたほうがよいでしょう。

長岡市のペイント・サイトウでは、屋根塗装を行っております。防水、遮熱・断熱性能を有した塗料への塗り替えをお考えの方は、ぜひ長岡市のペイント・サイトウをご利用ください。

屋根塗装で防水や遮熱・断熱性能を付与しよう!長岡市にある有限会社斎藤塗装店に相談を
屋根塗装は、住宅にとって欠かせません。まだ建築したばかりなら問題ないかもしれませんが、いずれは必要になるので、いざというときに備えてしっかりと準備をしておきましょう。屋根塗装の費用は高くなることもあるので、しっかりと計画を練っておく必要があります。

長岡市のペイント・サイトウでは、屋根塗装を行っております。長年の経験で培ってきた高い技術力を持ったスタッフが、お客様一人ひとりのお悩みに寄り添って最適なメニューをご提案いたします。防水や遮熱・断熱仕様の塗料も取り扱っておりますので、ぜひお問い合わせください。