【長岡市】塗り替えるならどの季節?

【長岡市】塗り替えるならどの季節?

  • 2021.12.14
  • コラム
【長岡市】塗り替えは季節と色がポイント

屋根と外壁の塗装を行う際は、時期を見極めて業者に依頼することが重要です。それぞれの季節によって、塗装工事がはかどりやすい時期、塗装工事が困難な時期があり、依頼時期を間違うと塗装完了まで時間がかかってしまうことがあります。また、屋根と外壁の塗装では、塗り替えの時期だけでなく塗料の色の選択にも注意を払う必要があります。

今回の記事では、屋根・外壁の塗装を行うベストな時期、塗り替え時の色選びのポイント、汚れが目立ちやすい色と目立ちにくい色について解説していきます。

【長岡市】塗り替えはいつ業者へ依頼するのがいい?

屋根・外壁の塗り替え時期のポイントは、塗料の耐用年数(塗料の効果が持続する年数)と依頼季節の見極めです。塗料は種類によって寿命があるので、それに合わせて塗り替えをするのが一般的。長岡市は一般的な平地に比べて雨や雪が多いので、依頼する時期にも注意を払う必要があります。屋根・外壁塗装を業者に依頼する最適な時期、また塗装で費用を抑えるコツについて解説いたします。

【長岡市】塗り替えは屋根と外壁一緒がお得
塗料の種類と耐用年数

一般的に屋根塗装の耐用年数は10年といわれています。ただ、塗料の種類によっては5~8年程度のものもあるので、使用されている塗料の種類はしっかり確認しておきましょう。

屋根塗装で用いられる塗料の種類と、それぞれの耐用年数の目安は以下のとおりです。

塗料の種類と耐用年数目安
  • アクリル系塗料:5~7年
  • ウレタン系塗料:7~8年
  • シリコン系塗料:8~10年
  • フッ素系塗料:10~15年
  • 断熱系塗料:8~15年
  • 無機塗料:15~20年
屋根塗装の耐用年数が外壁塗装よりも短い理由

屋根というのは雨や紫外線にさらされやすいので、外壁よりも劣化しやすく、耐用年数は外壁より短くなります。同じ塗料を外壁と屋根の両方で使った場合、屋根塗装のほうが2~3年早く耐用年数を迎えます。そのため、家のリフォームで屋根の塗り替えをする場合、耐用年数の目安は2~3年早く考えておいたほうがよいでしょう。

屋根の塗り替えは外壁と一緒がお得

塗り替え工事には足場の組み立てが必要です。屋根の塗り替えと外壁の塗り替えをそれぞれ別の時期に行ってしまうと、足場の組み立て費用が2回分かかってしまいます。

屋根および外壁の塗装における足場組み立て費用の相場は、1平米あたり700円~1,000円です。一般的な戸建て住宅(2階建て住宅)の場合、組み立て費用は大体20万前後であり、さらに大きな建物(高床など)になると40万以上かかることもあります。屋根の塗り替えと外壁の塗り替えを同時に行えば、足場の組み立て費用は1回のみなのでコストを抑えられます。

屋根の塗り替えと一緒に外壁の塗り替えを行う場合、塗料だけでなく外壁材(サイディングなど)の費用についても併せてチェックしておくことをおすすめします。なぜなら、サイディング外壁にはいくつかの種類があるためです。よく見られる種類には以下の4種類が挙げられます。

  • 窯業系サイディング
  • 金属系サイディング
  • 樹脂系サイディング
  • 木質系サイディング
  • モルタル系サイディング

上記の種類によって塗り替えに使う塗料が異なるため、施工費用も変動します。

【長岡市】塗り替えするならどの季節?
塗り替えの季節

塗装工事のしやすさ、塗料の乾燥のしやすさは季節・気候によって異なります。長岡市で塗り替えをするなら、業者とよく相談することをお勧めします。

塗装における季節ごとのメリットとデメリット

・春の塗装

春は気温が安定し、雨量も少ないため、塗り替え工事のしやすさと塗料の乾燥という点では適切な季節といえます。

・夏の塗装

夏は春よりも気温が高いので、塗料はさらに乾燥しやすくなります。ただし、梅雨の時期は雨が降りやすく、塗り替え工事ができない日が続くことがあります。雨の日や湿度が高すぎる日は注意が必要です。

・秋の塗装

秋は春と同様に気温・湿度共に安定しています。塗装の適期といえますが、9月、10月は台風がくる可能性があるので、その点は注意が必要です。

・冬の塗装

冬場は乾燥しやすい時期ではあるものの、気温が低すぎると(5℃以下になると)塗料は乾かなくなります。また、雪が降り続くと塗装は困難になります。長岡市の場合、冬場の日照時間がかなり短く、雪も積もりやすいのでこの時期の依頼はなるべく控えたほうがよいでしょう。

長岡市の気象と塗装適期

長岡市は1月~2月の平均気温は5℃以下になります。そのため、冬場は塗装に向きません。また長岡市の場合、秋(11月中旬から12月上旬)の雨量がかなり多く、日照時間も少ない傾向があります。

このような点から考えると、長岡市での塗装は春から秋が最適といえます。秋は気温や乾燥の面では適期といえますが、上述したように長岡市は秋雨が多いので、週間天気に注意しつつ業者への依頼時期を見極めたほうがよいでしょう。

【長岡市】塗り替えの大事なポイントは色の選択

外壁の塗り替えで重要なポイントとなるのが、「色の選択」です。外壁の色は、家の印象を大きく変えるものなので、色の選択で失敗するとオシャレどころか見た目のイメージが悪い外観になることもあります。ここからは、外壁塗装の色選びで失敗しないポイント、また塗り替えで汚れが目立つ色・目立ちにくい色について解説いたします。

【長岡市】塗り替えする色はどう選ぶ?
塗り替えする色を選ぶポイント

外壁塗装で色を選ぶ際のポイントをみていきましょう。

色数は3色以内に抑える

外壁で4色以上の色を使ってしまうと、色合いがゴチャゴチャになりセンスのない仕上がりになってしまうことが多いです。オシャレで目立つ外壁にしたいという気持ちはわかりますが、色が多すぎるとかえって統一感のない印象に見えてしまいます。

外壁で使用する色の数は、2~3色に抑えたほうが無難です。色合いについては、ベースカラーとアクセントカラーがしっかり分かれている外壁ほど、オシャレで印象が強い家に仕上がります。

汚れやすさを考慮する

白や黒は外壁塗装で人気のカラーです。しかし、白と黒は汚れが目立ちやすい色でもあるので、この2色を選ぶ場合は汚れやすいというリスクも一緒に抱えることになります。白は経年劣化(日焼けや色褪せ)、カビ、コケ、ホコリの汚れ、黒は鳥のフンや黄砂の汚れが目立ちやすくなります。

外壁に白や黒を選ぶのは避けるべきというわけではありませんが、上述した汚れのリスクは他のカラーよりも高いということは理解しておきましょう。

周囲の家や環境との調和性

家の外壁を目立ちすぎるカラーにした結果、周囲の環境と合わず隣人からクレームが入り、トラブルが発生するというケースは意外と多くあります。外壁の色選びでは、ただ単に自身の好みを追求するのではなく、周囲の家や環境との調和を考えることが大切です。

周囲の家の外壁はどのような色が多く使われているか、また自身が検討している色合いは周囲の住宅、環境と不釣り合いではないか、といったことを考えて色を選びましょう。

玄関や屋根との相性

オシャレな家の特徴は、外壁・玄関・屋根のそれぞれの色合いに調和が取れているということです。外壁の色を選ぶときは、屋根と玄関の色と調和が取れているか(相性がよいか)を考えることも大切です。

【長岡市】塗り替えで汚れが目立たない色
塗り替えで汚れが目立たない色

外壁の塗り替えで汚れが目立たない色を選ぶと、年数が経過しても見劣りはしません。外壁塗り替えでよく使われる色の特徴をご紹介します。

汚れが目立つ色

・白

白は清潔感があり人気の色ですが、汚れは目立ちやすくなります。外壁に白を選ぶときは、真っ白ではなく少しグレーが入ったオフホワイトがおすすめです。

・黒

「黒は汚れが目立ちにくい」と考える人もいますが、実際は明るい色の汚れが目立ちやすい色なのです。鳥のフンやカビ、また黄砂・粉塵が発生した際も白と同様に汚れが目立ってしまいます。

・赤や青

赤と青は黒と同様に、黄砂や粉塵で汚れが目立ちやすいです。また、赤と青は特殊な化学塗料を使って生成された色なので、白や黒と比べると紫外線の影響による色あせが起こりやすいというデメリットがあります。

汚れが目立たない色

・グレー

グレーは汚れが目立たない万能型の色といえます。カビ、粉塵、砂ぼこりなどの汚れの多くは中間色であり、外壁がグレーであれば中間色の汚れはそれほど目立ちません。黄砂の汚れも、白や黒ほど目立たなくなります。

・アイボリーやベージュ

アイボリー、ベージュなどの淡い色は、グレーと同様に汚れが目立ちにくいです。アイボリーとベージュは色合いが似ていますが、ベージュは黄色がやや濃い目になります。アイボリー、ベージュといった淡い色はツートンカラーとして他の色と相性がよいのも魅力です。

・ブラウン

ブラウンは土に近い色なので、土ぼこり、砂ぼこり、赤土の汚れが発生しやすい場所では重宝する色です。グレーやベージュなどの淡い色よりも、カビによる汚れはさらに目立ちにくいといえます。ブラウンはどっしりとした自然に近い色合いなので、外壁で使用するとナチュラルで落ち着いた仕上がりになります。

・モスグリーン

緑系の色は、とりわけカビ・苔・藻による汚れが目立ちません。湿気が多い地域では壁にカビ・苔・藻の汚れが発生しやすいので、緑系の色を好んで選ぶ人も多いです。また、モスグリーンはブラウンとツートンカラーにしやすく、とてもオシャレな外観に仕上がります。

長岡市で屋根や外壁の塗り替え依頼なら地元密着型の業者がおすすめ!

長岡市で屋根塗装・外壁塗装をする際、「どの業者に依頼すればいいのか迷う…」という人は多いはずです。業者選びの際は、長岡市の気候や土地柄をしっかり理解している地元密着型の業者を選ぶことが大切です。

大手の塗装業者とは違い、長岡市に密着した塗装業者であれば長岡市の気候や風土に精通しているので、長岡市に最適な屋根塗装・外壁塗装の実現だけでなく、雪国ならではの提案が行えます。屋根塗装・外壁塗装の業者選びで迷ったら、地元密着型で年間180棟以上の塗装実績をもつ株式会社ペイント・サイトウへぜひともご相談ください。

長岡市で屋根・外壁の塗り替えを依頼するなら株式会社ペイント・サイトウ

会社名 株式会社ペイント・サイトウ
代表者 代表取締役 斎藤 正安
住所 〒940-2013 新潟県長岡市下柳2丁目6−8
住所(事務所) 〒940-2053 新潟県長岡市福道町725
TEL 0258-86-7915
FAX 0258-86-7919
営業時間外のお問い合わせ 090-3142-6056(代表:斎藤)
営業時間 7:30~17:30
休業日 土曜日・日曜日
創立 1988年8月
業種 住宅塗装、その他塗装業全般
URL https://www.painting-saito.jp/